>レポート>治療に年齢は関係ない「腰痛を暖和したいなら病院まで」

治療に年齢は関係ない「腰痛を暖和したいなら病院まで」

車いす

自宅近くの病院

何かの拍子に腰を痛めることはあります。特に加齢とともに腰痛が慢性的になっている人は多いです。日ごろから腰を傷めないような工夫をすることは大事です。痛みに悩まされている人は定期的に整形外科を受診して治療をしていくことで痛みが軽減出来る場合があります。腰の痛みは急性症状のものがあります。ぎっくり腰など急性に起こる痛みは時間の経過とともに回復することが多いです。一方慢性的な痛みの場合は、中々痛みを取り除くことが難しい場合があります。加齢による痛みは骨の変形等大きな問題を抱えていることも多く簡単には治療出来ません。人によっては大きな病院を受診して大手術に挑戦して腰痛を取り除くケースもあります。また電気を当てたりちょっとしたケアを行い、痛みを軽減したりする方法もあります。

腰

急性期は鎮痛剤がよく効く

急性期の腰の痛みは鎮痛剤を使用したほうが苦痛を軽減出来ます。直接的な解決にはなりませんが、強い痛みは気持ちを下げてしまいます。痛みから解放されることで前向きに治療に取り組むことも出来ますので、急性期の処置としてはしっかりと痛みを取り除くという選択はおすすめです。高齢者の腰痛の原因の一つとして筋力の低下があります。日ごろから軽い運動を行うようにしたり、姿勢を整えたりする習慣を身につけることも重要です。その際に、コルセットを使用したり、ちょっとした医療用具を活用したりすることで回復をスムーズにしてくれます。コルセットなどは整形外科でも販売されていますので、担当医に相談してみると良いです。高齢者の場合は骨粗しょう症があります。腰痛に必要な薬を服用して骨を強化していきます。

広告募集中