HOME>info>腰痛の原因は筋肉ではなく骨や神経にあり?

痛みの場所と原因は全く違う場合がある

肩こりの原因が、肩ではなく首や顎の筋肉が関係していることもあるということを知っていますか?筋肉というのはつながっており、痛みの箇所ではなく、他の筋肉や神経が原因によって発症していることもあるのです。例えば、肩こりなら顎の筋肉に何らかの異常があると、それに連動して肩の筋肉が緊張し、肩こりになることもあるのです。腰痛や手足のしびれも同様で、他の部位が原因であることもあるのです。

背骨が原因で起きる症状

医者とナース

後縦靱帯骨化症

背骨の中の神経が骨化してしまう病気です。一度発症すると治療が極めて困難な病気でもあります。が、発症率が非常にひくいため、起きることがめったにない症状です。具体的な治療方法は薬で痛みを抑えたりカラーを付けたりして痛みを抑える保存両方や、外科手術で根本的な治療を行う手術療法があります。

脊柱側弯症

名前のとおり、背骨が横にS字型に歪んでしまう病気です。腰痛や背骨などの痛みの他に、臓器を圧迫して肺の機能を著しく弱らせてしまう恐れがあります。主な治療法として、コルセットで背骨を固定して治す方法や、こちらも外科手術によって背骨を矯正する治療法があります。

頸部脊柱管狭窄症

背骨の中でも上にある首の骨である頚椎に神経が挟まってしまう病気です。これにより神経が常に圧迫されてしまうため、手足のしびれや激しい痛みなどが症状として現れます。治療方法としては後縦靱帯骨化症と同じく保存療法や手術を行ない、痛みを和らげたり無理やり頚椎を押し広げて神経の圧迫を取り除きます。その後、リハビリをすることになります。

腰痛の原因は筋肉ではなく骨や神経にあり?

カルテ

長続きするのであれば病院へ

肩こりや腰痛など、マッサージでも治らないどころか数ヶ月も悩み続けているのであれば、すぐに病院へ行き、診断を受けましょう。治療をしても改善しないということは、原因が他にあるという証拠であり、ただの腰痛が実は重病だったというケースは珍しくありません。そういった症状は早期発見早期治療が重要であり、早期に解決することで後遺症も少ないです。

広告募集中