運動不足による問題

運動不足の状態が続くことで、人は心身的に負担がかかります。運動によって人は体の余分なエネルギーを消費し、代謝を促進します。普段から運動しない場合、代謝が悪化するほか、筋肉も衰えるので血の巡りが悪くなり、免疫力が低下します。他にも、運動不足によって発生する病気のリスクは数多くあります。

運動不足で増える様々な病気のリスク

  • 肥満
  • 大腸がん
  • 糖尿病
  • 動脈硬化による心疾患
  • 高血圧
  • うつ

軽いウォーキングでも充分

糖尿病の予防や肥満の解消に運動をする場合、最初は軽いウォーキングから始めましょう。いきなり自分の限界ギリギリの運動をすると、翌日からの運動が億劫になり、モチベーションが下がって長続きしないからです。まずは軽いウォーキングから始め、徐々に運動のペースをあげていきましょう。肥満の解消は一日や一週間ではなく、1か月単位で考えて運動しましょう。毎日続けることを重点的に考え、無理のない運動をしましょう。

運動することで起きるメリット

診察

肥満の解消になる

余分な脂肪が燃焼され、肥満が解消されるほか、糖尿病などのリスクが減ります。

ストレスの解消になる

運動をすることで寝付きやすくなり、ストレスの解消に繋がります。

免疫力が強くなる

体を動かし鍛えることで内臓も鍛えられ、免疫力が高くなります。

肥満は立派な病気です!ダイエット外来で治療しましょう

カウンセリング

糖尿病のリスク

肥満になると糖尿病のリスクが増加します。内臓脂肪が増えることで血圧や血糖値を下げるアディポネクチンが減少してしまうからです。そして、糖尿病になると、現代医療では症状を抑える治療はできても完治はできなくなります。糖尿病になることで手が震える、喉が乾きやすくなるといった症状のほか、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞など命にかかわるリスクも発生してしまいます。そのため、糖尿病は運動などをしてできるだけ予防しましょう。

PCを持つ人

がんのリスク

肥満だと、がんのリスクも増加します。肥満の人の大腸を大腸内視鏡検査で調べた結果、通常の体重の人よりもポリープが多く見つかったという結果が出ています。ポリープ自体はそこまで害はないのですが、ポリープがある程度の大きさになるとがんになる可能性もあります。つまり、肥満になると癌になりやすくなるというわけです。よって、運動によって脂肪を燃焼し、がんを予防しましょう。

看護師

肥満は一人では治せない

肥満の解消は一人で解決するのは極めて難しいです。食事や運動療法を長く続けなければならず、明確に効果が出ているかどうか分かりづらいからです。こんな時は、ダイエット外来に相談をし、正しいダイエット法を学びましょう。ダイエット外来ではダイエットの指導のほか、重度の肥満の場合は薬の処方もしてくれます。名古屋にはダイエット外来の病院が多く、人気の病院も多いですよ。

広告募集中